カウンター
[PR] ウェディング
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4ページめです
スターダスト・レビュー、根本 要さんがVoを担当するバンドです。
今では知名度も上がって、そこそこの人気を保っているバンドです。(たぶん)

あれは・・・・大阪で色んなバンド掛け持ってた頃の話です。
ボーカルのAくんは(名前忘れたな・・)ヤマハの営業をしてました。
全国的に営業活動していたAくんはある日、関東方面に出張してました。
仕事をひと段落して、得意先の人とスナックに飲みにいったそうです。(接待ですね)

スナックといえばカラオケなんですね〜Kくんは自慢の唄を
皆の前で唄いまくってたんです。
そこに、たまたま居合わせたお客さんの番になって
そのお客さんの唄を聴いたAくんは、『きみ〜無茶苦茶〜上手いな〜』
『絶対、プロになるべきや〜』お客さんは『・・・・・・・・・・・・』
『あの・・・・僕、一様プロなんです』Aくん『え゛・・』
『実は僕、スターダスト・レビューってバンドでレコードを出してるんです』(CDはまだなかったんです)
そう、そのお客さんはデビューしたばかりのスターダスト・レビューの根本要さんだったんです。
そりゃ〜上手いはずです。でも、それを機会に友達になったそうです。
でも、根本要さんのギターは当時から上手かったな〜
山下達郎&根本要のスモーク・アンド・ウォーターは目が点になったな〜
音源としては世にでなかったけど・・・残念
ウメちゃん、梅本さん。ウメちゃんのデビューのチャンスが訪れたんです。
ある日、バークリーを無事に卒業した田野城さんと再会しました。
田野城さんは僕がドラム・メーカーの営業をしてたのを知っていたので
僕に『上手いドラマー知らんか〜』と聞いてきました。
田野城さんの予定では東原力哉さんを狙ってたみたいですが
力哉さんはナニワ・エキスプレスに参加がきまってて
あかんかったみたいです。
その時、ウメちゃんの名前が浮かんだんです。『いまっせ〜無茶苦茶うまい
ドラマーが〜』『ガッドぽい感じでカッコイイですよ〜』
『そうか〜今度、その人とセッションせなあかんな〜それから決めるわ』
話はドンドン進んでいきました。勿論、ウメちゃんもやる気満々です。

セッション当日、田野城さんとウメちゃんは初対面です。
軽い挨拶でセッションがスタートしました。でも、そのセッション・メンバーの凄さを
知ったのは(僕もウメちゃんも)音を出して初めて知ったんです。
テナー(田野城さん)アルト(朝本ちかさん・・上田正樹さんの奥さんです今は)
ギター、ベース、ピアノ、全員バークリーの卒業生だったんです。
たまたま僕はピアノの前でセッションを聞きました。
未だにあんな凄いセッションに遭遇したことは無いんです〜
特にピアノは凄かった、アメリカの色んなコンテストで優勝の常連者だったんです。
やはり、虎の穴は違うな〜再確認したんです。もうあれは金網デスマッチです(フル〜)
でも、そんな凄いメンバーと対等に戦ってるウメちゃんはカッコイイんですね〜
勿論、ウメちゃんはバンド・メンバーに気にいられて正式にメンバーになりました。
やはりウメちゃんはカッコイイんです。
つづきは、また今度・・・のばすな〜
神のお告げ、神のお告げってあるんですかね〜残念ながら僕は、            まだ聞いたことないんです。
しかし、その事件は(?)起こったんです。ある一本の電話で・・・・

ある夜、その電話がかかってきました。『もしもし、わたしは兵庫県の○○です』
『実はジャズライフで、セッション・メンバー募集の記事読んだんです』          『はぁ〜』そういえば、ジャズ・ライフにメンバー募集出してたの忘れてたんです。
『でも、僕は四国に住んでるんですけど・・・』
『神戸でセッションしましょ、神戸で!』                           『はぁ〜でも、僕の電話番号は書いて無かったと思うんですが〜』
『はい、実話夕べ夢の中で神のお告げを聞いて〜電話したんです!』
神のお告げで電話場号????訳分からんな〜チョトこわいな・・
丁寧にお断りしたんですが・・・
大阪なら素晴らしいミュージシャンが一杯いるんですけど〜
やはりミュージシャンは無敵です。
それと、その人はドラマーで自称”力哉さんの弟子”だといってました。
まあ〜力哉さんの弟子は沢山いると思うんですが〜
1ページめにもどる
トコさん、日野元彦さん、日野皓正さんの弟さんです
ていうか、世界的なドラマーでした。
残念ながら、今は永眠されました。

トコさんとは2回ほどお話させてもらいました
とても気さくな方で、会うたびにサインをお願いしたんですが
決して嫌な顔をせずに、ニコニコしながらサインを書いてくれました。
当時は、トコさんの偉大さを知らなかったもので
僕も普通に話しかけてました。(今ならとても無理ですが・・)
でも、ドラム・メーカーの営業してなかったら
トコさんとお話できなかったんです。

トコさんが亡くなった事を知った時はとてもショックでした。
ジョン・レノンが亡くなった時もそうですが
自分の家族が亡くなった様な気持ちになり
涙がポロポロと流れました。
でも、きっと天国でコルトレーンとか、マイルスと
楽しそうにセッションしてるんだろうな〜
つぎもあります
スターダスト
   レビュー
梅ちゃんがデヒュー?
神のお告げ
日野元彦さん